シミを綺麗に消すために気をつけておくこと

レーザーの種類を知って適切な治療を行いましょう

レーザー治療後のかさぶたは取らない

レーザー治療後には照射した箇所にかさぶたができます。このかさぶたは無理に剥がさずに自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。そうすることで、綺麗な皮膚ができるのです。

日光の紫外線に注意する

かさぶたが取れた後の肌はピンク色です。この状態の肌は紫外線に弱く、影響を受けやすくなっています。ですから、日光が当たる場所は避けておきましょう。

十分な紫外線対策をする

肌にピンク色が消えた後でも日光は避けておく必要があります。医師に大丈夫と判断されるまでは、細心の注意を払ってケアを行うことが重要になることを知っておきましょう。

皮膚科で行うシミ取りの疑問

1回の治療で効果は得られますか?

レーザーでのシミ取りは基本的に効果をすぐに感じられます。しかし、濃いシミや年月の経ったシミだと数回受ける必要があるでしょう。

自分に合ったレーザー治療の方法を知りたい

シミの状態によって効果的なレーザー治療は変わるので、信頼のできるクリニックに足を運び相談することが良いでしょう。

レーザー治療の副作用はありますか?

体に影響を与える副作用はレーザー治療では起きません。しかし、レーザーを照射した箇所は刺激に弱くなっているので刺激を与えることは控えて、適切なスキンケアをすることが大切になるでしょう。

治療当日はメイクできますか?

レーザー治療の種類によっては、治療後すぐにメイクすることができます。レーザーが強い治療方法であればメイクすることはできないので、事前に医師に聞いておくと良いです。

治療後に痛みはありますか?

レーザーの種類によって日焼けのような痛みがあります。しかし、炎症を抑える薬を塗っていれば痛みが悪化することはないでしょう。

タトゥー除去施術は東京で受けるべし!
施術の特徴を調べておこう【PR】
タトゥー除去施術を受けるなら大阪のクリニックへ
経験豊富なドクターが在籍してる

<PR>
ほくろ除去でトラブルを無かったことに☆
施術メニューも充実?より美しいお肌へ。

肌の悩みは大阪の美容皮膚科に即相談☆
優良クリニックの特徴をリサーチ☆

大阪のシミ取りで使われるレーザーの種類

表皮と真皮にある両方のシミを取ることができるYAGレーザー

このレーザーは、一回で効果を感じられることができるでしょう。2種類の波長を使い分けるので表皮と真皮にあるシミを効果的に破壊することができます。しかし、光線過敏体質や妊娠中の人には照射ができません。

皮膚の深い場所でも照射ができるQスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、皮膚の深い場所に集中的に照射できるので濃いシミでも消すことができます。このレーザー治療は、シミが取れるまで10日程かかります。また、先天性のアザやそばかすにも有効な治療方法になるでしょう。

肝斑に効果的なレーザートーニング

弱い出力で光を当てていくので、レーザー治療での改善が難しかった肝斑にも効果的な治療方法です。さらに、コラーゲンの生成を手助けしてくれるので肌の状態が良くなる場合もあります。レーザートーニングには、痛みがなく人気の治療になっています。

顔全体に光を当てていくフォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、様々な周波の光を顔全体に当てていく治療方法になります。フォトフェイシャルのメリットの一つには、ダウンタイムがほとんどないことが挙げられるでしょう。しかし、妊娠中やアトピーの人は受けられません。

比較的安価な炭酸ガスレーザー

この治療法は、局部麻酔をかけて治療を行うので痛みはありません。炭酸ガスレーザーは、盛り上がったシミに効果的です。また、費用も安いことがメリットになっています。

広告募集中